Categories
Uncategorized

基本的なガイドとあなたに最適なスキンケア製品を特定する方法

肌のケアを始めるのに若すぎたり、年を取りすぎたりすることは決してありません。実際、スキンケアと保護はあなたの健康、フィットネス、美容体制の重要な部分でなければなりません。お肌のお手入れをすれば、お肌がお世話になります!しかし、市場に出回っているすべてのローション、クリーム、ポーションでは、どの製品が肌に効くのかを知るのは難しいかもしれません。多くの製品は、しわを取り除くか、乾燥肌を癒すと主張し、他の製品は、製品の効果を改善するのに役立つと言う高価な成分を含んでいると主張しています。これは、市場に出回っている基本的なスキンケア製品のガイドと、どの製品が自分に最適かを特定する方法です。 製品を見てください あなたの毎日のスキンケアに役立つかもしれないスキンケア製品のいくつかのタイプがあります。これらには、クレンザー、日焼け止め、保湿剤、アイクリーム、トナー、角質除去剤、レチノイド、ハーブ、スキンケアサプリメントが含まれます。 トナー:スキントナーは、肌に余分なクレンジング特性を提供し、油分、汚れ、化粧を取り除くのに役立ちます。ただし、肌が乾燥している場合は、トナーの使用を避けるか、使用頻度を減らしてください。これらのスキンケア製品にはアルコールやアセトンが含まれていることが多く、乾燥肌や敏感肌を悪化させる可能性があります。 日焼け止め:日焼け止めは私たちの肌のケアと保護に欠かせない製品です。体がビタミンDを合成するために日光へのある程度の露出が必要であることは事実ですが、これを達成するために実際には毎日10〜15分しか必要としません。過度の日光への露出は、皮膚細胞の変化を引き起こし、茶色の斑点、皮膚癌、乾燥肌、早期のしわを発生させる可能性のある損傷を引き起こす可能性があります。肌がきれいか暗いかは関係ありません。太陽にさらされすぎると、両方の肌の色が損傷する可能性があります。毎日少なくともSPF15クリームまたはローションをたっぷりと塗って、日焼け止めを防ぎ、肌の問題を発症するリスクを減らします。多くの保湿剤には、すでに日焼け止めが含まれています。 レチノイド:レチノイドと呼ばれる局所ビタミンAベースの製品は、しわや小じわの出現を減らすことに大きな進歩を遂げました。それらは一時的にしわの領域を「ふっくら」させ、その視認性を低下させるのに役立ちます。 クレンザー:クレンザーは、1日を通して肌に蓄積する汚れ、破片、汚染物質、汗を取り除くのに役立ちます。これらのクレンザーは、液体、泡、または棒状の形で提供されます。 アイクリーム:アイクリームは、目の周りの壊れやすい肌の状態を改善するのに役立ちます。目の周りを潤して保護するのに役立ち、くまを最小限に抑えたり、細い線を一時的に引き締めたりするのにも役立ちます。 角質除去:保湿剤とクレンザーの使用は、表面の死んだ皮膚細胞を剥がすことによって皮膚の外観を改善するのに役立ちます。これらはまた、皮膚の外観を滑らかにし、太陽への過度の露出による変色さえも滑らかにするのに役立つ可能性があります。加齢とともに、皮膚は死んだ皮膚細胞を蓄積し、それが私たちを年をとったように見せ、肌荒れを起こし、しわや小じわが現れます。毎日の角質除去だけでなく、清潔感とみずみずしさを感じることで、お肌は健康で若々しく見えます。 サプリメント:コエンザイムQ10は、心臓病、パーキンソン病、糖尿病、特定の種類の癌などのいくつかの病気の予防と治療に可能性を示している、天然に存在する細胞の抗酸化物質です。また、しわを減らすための多くの保湿製品にも利用されています。 ハーブ:緑茶やその他のハーブの抗酸化物質は、フリーラジカルによる損傷と戦い、全体的な外観を改善するために、局所的に塗布するか、経口摂取することができます。 保湿剤:保湿剤は乾燥肌を落ち着かせ、しわを目立たなくすることができます。クリーム、ローション、オイルの形で提供されます。オイリーベースの保湿剤は、ひどく乾燥した肌に適していますが、クリームやローションは、顔の重さやべたつきを軽減するため、顔に適しています。良い結果を得るには、入浴直後に保湿剤を使用して肌に水分を封じ込めます。 成分ラベルの特定 なぜスキンケア製品にこのような紛らわしいラベリングシステムが付いているのか不思議に思うかもしれません。食品医薬品局は、化粧品およびパーソナルケア製品のラベルの言語を解読するために毎年多くの要求を受け取ります。しかし、FDAは消費者に共感していますが、ラベルを変更して情報を正確に保つ方法は実際にはありません。それは本質的にそれらが何であるかであるため、成分は化学名でリストする必要があります。製品がその商品名で販売されている場合でも、ラベルの付いた名前はその成分を識別するための手がかりをほとんど提供しません。しかし、パーソナルケア製品のラベルの専門用語にもかかわらず、いくつかの有用な情報を収集することは可能です。成分のラベリングは、フォーミュラに含まれる量に基づいて順番にリストする必要があります。消費者は、特定の成分がリストのどこにあるかを確認することで、類似の製品を比較できます。たとえば、敏感肌の場合は、最初の成分としてアルコールが記載されている製品と、アルコールの1つとして記載されている製品を避けたい場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *